じもきゃらステージ


高知のじもきゃらたちがステージに集合!!

どのキャラクターも個性的で可愛い♡
可愛いじもきゃらたちを
ぜひあなたの目に焼き付けて!!

  • 開催日:2017年11月5日(日)
  • 時間:13:00~14:00
  • 場所:かるぽーと7階 第1・第2展示室 特設ステージ
じもきゃらとは…

高知県内の各市町村や団体のことをより知ってもらうために生まれたいわゆるご当地キャラクターたちのことを、まんさいでは地元のキャラクター略して《じもきゃら》と呼んでいます。

 

やまぴょん

2017(平成29)年3月4日にオープンした高知県立高知城歴史博物館のキャラクター。土佐藩4代藩主山内豊昌の兜「兎耳形兜」をかぶり、館のPRや子ども向けイベントなどで活躍中。

にゅーすけ

「若者や子どもに新聞を身近に感じてもらおう」と作った高知新聞のマスコットキャラクター。土佐闘犬をモチーフに顔の輪郭がペン先になっている。チャームポイントは福耳で、得意なことは情報収集。好きな食べ物は新鮮な高知の野菜と魚。

若武者もとちか君

高知県立歴史民俗資料館のマスコットキャラクター。歴史館の建つ岡豊山は土佐の戦国武将『長宗我部元親』の居城跡。もとちか君は『元親』をモデルにつくられたキャラクターで、長宗我部氏をPRする為に様々な場所で活躍している。

どーもくん

NHKでお馴染みのマスコットキャラクター。
タマゴから生まれたへんてこ動物。
もっさいボディーとピュアなハートの持ち主。
テレビが大好き。
空想にふけりがちなぼんやりやさんで結果、よからぬ事になる場合も多い。
機嫌をそこねると、キョーレツなおならをする。

しんじょう君

須崎市の新荘川で、最後に目撃されたニホンカワウソ。残念ながら絶滅種指定されたが、しんじょう君は今日もカワウソの友達を探しに旅をしている。そして、この魅力いっぱいの須崎市のPRをしている。

とさけんぴ

高知市はりまや橋で生まれたキャラクター。食いしん坊で、芋けんぴやゆずジュース、あいすくりんが大好きな土佐犬。
相棒はよさこい大好き、鳴子の精「こなる」。

文蔵くん・まいちゃん

埋蔵文化財センターを今まで以上に親しんでもらうため誕生した。居徳遺跡群出土の土偶がモチーフとなっている。

やいろちゃん

高知県の県鳥であるヤイロ鳥からイメージしたご当地キャラクター。防災や環境に興味があり、子どもたちに自然の大切さ、防災の重要性を伝えるために絵本の読み聞かせ活動を行っている。

なるま

よさこいの「鳴子」と七転八起・縁起物「だるま」をモチーフにした『なるま』。コンセプトは「なるまろう♪」。まぁるい気持ちで繋がろうという意味の造語。よさこい祭りが躍る人にも見る人にもたくさんの元気をくれるように、なるまが多くの方に元気をお届けできたらという思いを込めている。

ぶんちゃん

土佐の青い空と海が大好き。自然の中で遊ぶのが大好きで、好きなスポーツはパラグライダー。ニッコリ笑顔がトレードマーク。「いけいけ!土佐の野菜たち」の12人のキャラクターたちとともに、土佐市の特産物のPRに一役かっている。